金を売る時に少しでも高く売る為の買取業者の選び方

相場の把握と比較検討は充用

金は常に相場が変動している実物資産なので、売るタイミングによって同じ業者に同じものを買取ってもらっても価格に差が出ます。まず金を売る前にその時の金の相場を知る事が大切です。金の相場はインターネットで情報収集して把握する事もできるので、世界全体での金の相場がどうなっているのか知っておくべきです。
金の買取業者は相場とまったく同じ金額で金を買取るわけではないので、同じ時に同じ金を別の業者に持ち込めば査定額は変わってきます。割安な査定をした業者で売ってしまうと損失になるので、一つの業者だけに査定してもらわずに複数の業者に査定を依頼するべきです。
その上で金の相場から適正価格で買取をしている業者を候補として絞り込んで、その中でも特に高い査定額をつけてくれた業者を選ぶと金をより高く売却できます。

実店舗を持たない業者を利用する

金の買取をしている業者には様々な形態の業者があって全国に多くの店舗を持っている業者もあれば実店舗を持たずにインターネットでの買取依頼を受けている業者もあります。また実店舗はあるものの限られた地域にだけに構えていて他の地域へは出張買取で対応している業者もあります。
実店舗を持っていて広告宣伝も頻繁に行っている業者の方が知名度はありますが、決して知名度のある業者の方が高く買取してくれるとは限りません。
そのため実店舗を持たない業者や知名度の高くない店にも査定を依頼するべきです。店舗を持たない業者は店舗を保有しない代わりに買取額に大きく還元している場合もあるので、候補にいれておくと良いです。

貴金属店などで行っている金買取サービスを利用する際には身分証明書の提示を求められるので、運転免許がある人は免許証を、持っていない人は健康保険証やパスポート、個人番号カードなどを用意しましょう。