壁面緑化で人と植物と都市の新しい関係を築く

壁面緑化で何が変わるの?

壁面緑化は都市の環境をよくする目的で壁面に植物を植えていくことです。建物の壁面を植物で覆うことで建物の温度上昇を防ぎ、省エネ効果をあげ、ヒートアイランド現象を和らげたり、騒音を軽減したり、大気汚染を浄化していったりする効果が期待されています。もちろん目にする植物の持つ力で景観をよくし、癒しの空間を作ることにも一役買っています。

壁面緑化ってどうやるの?

壁面緑化の方法には幾つかの種類があります。小さなユニットを組み合わせて壁面全体を覆っていく方法や壁面一面にプランターをおく方法、ワイヤーなどを渡してつる植物を利用して壁面を覆っていく方法などです。設置する場所や目的によって適した方法を選んでいきます。壁面緑化システムでは上水道を使って潅水装置を作り、水が無駄なく植物全体にいきわたるよう工夫されています。
ビルの外壁やエントランス、バルコニーや商業施設など、さまざまな場所で壁面緑化が取り入れられています。

壁面緑化で美しさを保つ

壁面緑化ではさまざまな植物を多彩な表情で植えることができます。日々成長していく植物が壁面の表情を変え、そこに集う人々の心にも変化を与えていきます。
環境への配慮や美しさが通る人の目を惹き、デザイン性の高い壁面緑化ですが、景観や植物の植物のコンディションを常に良い状態に保っていくには日頃のメンテナンスが欠かせません。
常に植物の状態に目を配り、害虫駆除や落ち葉の掃除など、こまめな手入れをしていくことが美しい壁面を長持ちさせるのです。

壁面緑化とは高層ビルや工場の壁を緑で覆うことで、ヒートアイランド現象を防ぎ、地球温暖化を食い止めています。またそれだけではなく、景観も良好に保ち癒しを与えます。