飼い方の前に買い方!ペットを購入する方法

購入・入手ルートは大きく分けて3種類

犬・猫をはじめ、うさぎやハムスターなどどのペットも違ったかわいさがあり、それぞれが魅力的です。そんなペットを購入する際、大きく分けて3つの方法が存在します。
まず、最も一般的な方法が「ペットショップでの購入」でしょう。町にひとつは必ず出店されているほど身近な存在であり、気軽に立ち寄ることができるのでここで買ったことがある方も多いはずです。ケージやフード、給水器などペットを飼う上で必要なものが揃っているため、初めての方でも安心できます。おすすめは、ペットショップ専属の獣医師が常駐しているショップや、同じ敷地内に動物病院があるショップです。万が一の際も頼りになるので、安心度が高いでしょう。

かなりおすすめ!ブリーダーからの購入

次にご紹介するのが、ブリーダーから購入するというルートです。ショップでは犬や猫の血統が分からないケースもあるのですが、ブリーダーの場合は親兄弟を育てているため血統の管理はもちろん、その種の特性を知り尽くしています。しつけ方やエサの与え方、注意したいポイントを丁寧に教えてくれるのは大きいです。また、血統を把握し管理しているため、その個体が疾患にかかりにくいという点も大きなメリットでしょう。やや高額になるものの、社会性を身につけさせてから販売してくれるため、無駄吠えや噛み癖といった問題行動を起こす確率が低いのもアドバンテージです。
そして、里親制度を利用するのも1つの方法です。安く入手できるというメリットもありますが、何より失われそうになっている命を救うことができます。ただ、心に傷を負っていたり、人に対して不信感を持ち攻撃的な個体も多いため、初心者には難しいかもしれません。

子猫販売なら神奈川県がおすすめです。神奈川県には多くのブリーダーの方がおり、見学をすることができる方も多くいます。実際に子猫を見ることができるため、慎重に購入するかどうかを検討することが出来ます。