大切な時計を長く使うために気をつけたいこと

まず避けたいのは「衝撃」

お気に入りの時計を長く使い続けるためには、いくつか気をつけるべきポイントがあります。最優先で気をつけたいのは時計への衝撃を避けることです。時計は精密な部品がいくつも集まって構成されているので、衝撃が加わると故障のおそれがあります。時計をつけたりはずしたりするときは、慎重に取扱いましょう。時計を床に落下させることが厳禁なのはもちろん、テーブルなどに置くときも注意してください。特に大切にしたい時計なら、テーブルなどに直接置かず、ハンカチなどの布を用意してその上に置くように習慣づけると最適です。布など、やわらかいものの上に置くようにすると、衝撃だけではなく時計に小さな傷がつくことも防げるのでおすすめです。

数年に一度は「分解掃除」をしよう

時計を使い続けるには日常的なお手入れが欠かせません。乾いた布でやさしくふくだけでも皮脂などの汚れを落とせます。特に夏の時期は汗をかきやすいため、こまめにお手入れすることが大切です。しっかりとした防水機能がある時計なら、流水をかけて汚れを落としてもかまいません。また、定期的に分解掃除(オーバーホール)をすることがとても大切です。これは時計を分解して内部の部品を点検・清掃するお手入れで、時計販売店などに依頼して行います。一定の料金がかかりますが、劣化した部品があれば交換してくれるので故障のリスクを軽減させることができます。分解掃除は数年に一度のペースで行うとよいでしょう。時計の防水性能を維持したい場合は忘れずに行いたい点検です。

時計のメッカのスイスジュネーブで生まれた最高級の腕時計フランクミュラーはスポーティーで尚かつエレガント。今年25周年を迎え、限定記念シリーズも発表。日本にも上陸しています。是非一度店頭でご覧ください。