パテックフィリップの信条と永久修理の実践について

パテックフィリップの信条

パテックフィリップという名のブランドがこれ程惹きつけられるのは、創業から貫いてきた信条があるからといえます。これについては、アンティークを含めてありとあらゆる自分の会社の時計を修復する永久修理という理念です。パテックフィリップの正規のサービスセンターにおいては、どれほど昔のタイプでもメンテナンス、オーバーホール、修復ができます。保証の期間の2年を経過すると有償サービスではありますが、正規のサービスセンターのため、その質は確かです。

ストックの充実と至れり尽くせりのカスタマーサービス

パテックフィリップにおいてはたくさんのオリジナル部品を温存しており、中には1800年代のものも入っています。その数多いストック品があるからこそ、永久修理を公言することができます。加えて、仮にパーツがストック切れしてしまっても問題ありません。過去において生産中止に陥ったパーツの設計図などを保有していることから、パーツの再制作ができます。それから、革バンド、あるいは電池の交換といったシンプルなメンテナンスにつきましては、正規の販売店でも扱っています。そして、修理やオーバーホールなどはパテックフィリップの正規のサービスセンターで扱っています。オーバーホールと言いますのはムーブメントの分解、組み立てを行いつつ検査、洗浄などをすることです。パテックフィリップでは、3から5年毎のオーバーホールをお勧めしています。正規のサービスセンターにおいての修理サービスに関しては、仕上がりにおいて独自のシビアな基準を満足させることを求められることから、すぐ終わりません。しかしながら完了した後には1年の保証が付きますので、サービスセンターで実施することをお奨めします。

パテックフィリップはスイスの腕時計メーカーで、世界三大腕時計メーカーとして数えられることもあります。またそのデザインや品質から、多くの著名人にも愛用されてます。