機械式時計のメンテナンスって一人でできる?

簡単にできる機械式時計のメンテナンス

機械式時計は、定期的なメンテナンスによって生涯使い続けられるアイテムとなります。しかし、初心者にとってメンテナンスは難しいのではないかと、不安になる人も少なくありません。メンテナンスの種類によっても異なりますが、初心者でもできる形のメンテナンスを実行し、慣れてきたら少しずつ中級者向け、上級者向けにチャレンジしましょう。

最初のうちは専門の道具を用意しなくてもかまいません。100円ショップで売っているようなめがね拭きや綿棒、爪楊枝を用意してください。使い古した歯ブラシがあると便利です。まず爪楊枝で細かな部分の汚れを浮き出させ、歯ブラシでこすって金属部分の汚れを落としましょう。めがね拭きで拭いて、綿棒で残っている汚れを落としきれば完成です。

慣れてきていても中はメーカーに見てもらおう

少し慣れてきたら用意したほうがいい物として、セーム革と呼ばれる機械式時計専用の手入れ用革を用意してください。磨いていくと金属の部分を含めてめがね拭きでするより、光沢を感じる仕上がりになります。大手通販サイトで販売しているので、手に入りやすいでしょう。

定期的に手入れすると時計が長持ちしますが、それでも中の部分に不安を感じる人も少なくありません。その場合には3年から5年の間に1度、販売したメーカーにメンテナンスに出してください。中の部分を見てもらうことによって、自分ではメンテナンスできない部分も丁寧に手入れをしてもらえるでしょう。

普段の手入れは自分で行い、定期的な手入れはメーカーに依頼する形が整っていると、時計を更に長持ちさせることができます。

ウブロはフランス語で「舷窓」を意味し、ビスで留めたベゼル(枠)が特徴的です。セレブの腕時計として有名、全世界にブティックを構え、日本には銀座・大阪などにお店があります。