選び方で変わる!犬の種類で異なる洋服選びのポイント

見た目のデザインだけを重視しない

衛生面や健康面を考慮して犬に洋服を着せる人が増えてきている中で、種類が豊富にあり過ぎることで購入に頭を悩ませてしまう人も少なくありません。こうした犬の服選びで重要となるポイントがデザインとの対比です。人間と同じように犬の洋服にも様々な機能が備わっていて、犬種によって最適な物が異なります。中には、見た目のデザインだけを重視して購入したことで実際に着せてみたら毛の色や模様との相性が良くなかったり、太った印象を与えてしまうというケースは少なくありません。こうした失敗をしないためにも、自分の好みではなく犬が着た時をイメージして選ぶことが大切です。

体のサイズに合ったもの選ぶ

洋服は体にフィットした物を選ぶことが基本になります。これは犬に限った話ではありませんが、どんなに自分が気に入った洋服でも、体のサイズに合っていなければ見た目はもちろん、洋服が持つ機能も十分に発揮できません。特に元々洋服を着る習慣が備わっていない犬の場合は、サイズが合っていない物を着せてしまうとストレスの原因となるので注意が必要です。そのため、犬種によって足や胴の長さから体型に至るまでそれぞれ異なるので、購入をする前に正確にサイズを測っておくことを忘れてはいけません。購入する犬の年齢も大事なポイントです。成長して大人になった犬であれば問題はありませんが、子犬は大人に成長していく段階で体が大きくなります。せっかく購入したのに体の成長ですぐに着れなくなるようなことのないように、タイミングを見計らうことも重要です。

犬の洋服は、専門店やペットショップで買えます。色々なデザインがあるので自分の好みや犬の雰囲気に合わせて選べます。